リフォームの全体的な流れ

リフォームをすると決めたら知っておきたいのが全体の流れですね。どのタイミングで何を行うか知っておくと準備や対策にも余裕をもって進めることができますね。リフォーム業者の数だけ工事の流れがありますが、おおまかなところは同じです。ここでは一般的なリフォームの流れについてみていきましょう。

まずは自分たちで

1・どこをリフォームするのか?

家の問題点を洗い出し、どこにどのようなリフォームが必要なのかを家族で確認しましょう。カタログや雑誌などでイメージを膨らませたり、優先順位を決めるなどおおまかな希望リストを作りましょう。

2・資金計画の確認

ローンを組むのか、自己資金内で収めるのか、その場合は幾らまでだすことができるのかを計算しましょう。大がかりな工事の場合は仮住まいを借りる資金なども計算に入れる必要がありますね。この時に補助金や助成金の情報も集めておくといいでしょう。また、ぎりぎりの予算で計画を立てると、不足の事態になった場合、資金不足となり計画の変更が必要になることもあるため余裕を持った計画を立てる必要があります。

3・どこに頼むの?

大体の計画が決まったらリフォーム会社を探しましょう。工務店や専門業者もありますが、一社だけで決めず、幾つかの業者で話を聞いて見積もりをとって比較検討しましょう。私がおすすめできる長野市・千曲市・須坂市のリフォーム会社ハートホームズ長野です。地元密着型で、対応も丁寧で料金も安くお願いできます!

業者と自分たちで

4・状況確認

リフォームの依頼先が決まったら、まずは現地調査から始めます。マンションなら図面や管理規約などを確認し管理組合に連絡するなどして、リフォームの制限がないかを確認することも大切です。

5・プランニング

事前に作った希望リストや現地調査の結果を踏まえて、プランニングを行います。リフォーム内容をここで綿密に詰めておくことで、工事着工後の変更や、出来上がりイメージが違うといったトラブルを最小限に抑え、より理想的なリフォームにすることができます。

6・見積もり

プランや使用する資材が決まったら見積もりをします。見積もりを確認して納得が行くまで確認をしましょう。OKならここから工事に向けての契約に入ります。着工日や書類の申請など、多くの事務手続きが必要となります。融資を受ける場合には手続きを進めておきましょう。

業者が工事を進める

7・着工

近隣への挨拶回りや、管理組合への届け出を済ませたら、着工します。大きな荷物はどこへ置いておくのかなど、工事中の生活についての準備も進めます。また、万が一工事期間内に終わらない場合の保証についても、必ず打ち合わせしておきましょう。

8・確認

工事が完了したら希望通りに施工されているのか、傷や不備などはないかを点検を行い、料金の精算をして引き渡しとなります。メンテナンスやアフターサービスについても確認し、発生した書類はまとめて保管しておきましょう。ここまででリフォームは完了となります。

また、賃貸の物件などの場合、リフォーム後に一度貸し出したあとのことも気になります。基本的にはハウスクリーニングで原状回復を依頼するのがよいでしょう。例えば、東京ではインテリアエージェントがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ